トップページ > プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

弁護士正木健司(以下「当職」といいます。)は、当職が取得し、又は利用する個人情報(以下「個人情報」といいます。)について、以下の方針に基づいて取り扱います。

(個人情報の利用目的)

  • 当職は、事件の依頼者(依頼者が会社の場合、その会社の従業員から取得した情報も含みます。)をはじめ第三者から、業務を通じて取得した個人情報については、下記の目的のために必要な範囲内でこれを利用するものとします。
    (1) 訴訟の遂行、相談事案の解決等、当職が依頼を受けた法律事務及びこれに関連する法律事務の遂行、並びに報酬請求等これに付随する事務の処理。
    (2) パンフレット、年賀状、あいさつ状等の発送など、当職及び当職の提供するサービス等についての情報提供。
    (3) 当職が提供するリーガルサービス向上のための調査・研究等。

  • 当職は、前条に定める外、以下の目的のために、個人情報を取得し、利用するものとします。
    (1) 当職の所属する法律事務所(以下「当事務所」といいます。)の構成員が、弁護士会、会派等、当事務所の構成員が所属する各種団体の活動を通じて第三者の方から取得した個人情報については、当該活動を行う際の事務処理に必要な範囲でこれを利用するものとします。
    (2) 当職が保有する当事務所の構成員(弁護士及び事務職員)に関する個人情報については、給与の計算・支払等、人事管理のために必要な範囲で利用するものとします。
    (3) 当職が弁護士及び事務職員の採用に際して採用希望者より取得した個人情報については、採用の採否の決定及びその連絡等、これに関連する事項のために利用するものとします。

(個人情報の第三者への開示)

  • 当職は、以下の場合を除いては、本人の同意がない限り、第三者に個人情報を開示いたしません。
    (1) 法令に基づく場合。
    (2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、緊急かつやむを得ないと認められる場合。
    (3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

(個人情報の安全管理措置)

  • 当職は、個人情報を保護するため、弁護士に課せられた守秘義務(弁護士法23条)を遵守するとともに、個人情報保護に関する法令その他の関連法規を遵守し、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失又は毀損の予防及び是正のための安全対策を施します。

以上